電話でのお問い合わせお問い合わせフォームへ

大谷総業運輸倉庫株式会社

運輸安全マネジメント


輸送の安全確保に関し従来からの各交通モードの事業法に基づく保安監査に加え、運輸事業者自らが経営トップから現場まで一丸となり安全管理体制を構築・改善することにより輸送の安全性を向上させることを目的とした運輸安全マネジメント制度が平成18年10月に導入されました。

国土交通省 launch

第45期運輸安全マネジメント取り組み

≪事業所の事故防止の為の安全方針≫
全社
目標
追突・人身事故撲滅 仕事のA(当たり前の事を)B(バカにせず)C(ちゃんとやる)の遵守
反省
安全確認不足による事故発生により、無事故体質の確立ができなかった
改善
業務巡回・営業所会議参加によるコミュニケーションの実行
南箕輪営業所
目標
早めの休憩 余裕を持った出庫
反省
安全意識に個人差がある
低い人に対し指導する
改善
繰り返し伝えていく
伊那営業所
目標
伊那営業所独自のルールの徹底
反省
今期はベテラン、新人ドライバーによる事故が多発してしまった
改善
ベテランや新人に関係なく、安全衛生推進委員を中心に推進・指導・話し合いを根気強く行う
飯田営業所
目標
無事故で、とにかく無事帰る
反省
積荷の破損2件 現場内パイプ破損
財産を運んでいるとの認識が甘い
建設現場内は「動く前に降りて目視」を実施する
改善
「だろう」ではなく、確実な行動を実施する
松本営業所
目標
know-why体質を浸透させ、ミスを減らす
反省
使命感の少ない者、勤続の浅い者に事故が多い
改善
事故分析を行い、再発を防ぐ
長野営業所
目標
無事故を通し、地域貢献と人材育成に努める
反省
車両バック時にすべき安全確認を怠ったことに起因する事故を2件発生させてしまった
基本となる「確認の確認」徹底を46期に向けた反省材料としていく
改善
安全意識を常に高く保つため、互いに声掛けをしていく
松本第2営業所
目標
思いやりとルールは表裏一体、ルールを守って事故防止
反省
手間を省くだけの自分ルールがあり、細かいミスを繰り返す
改善
営業所会議にて作業報告書を元に反省会を実施
≪事業所の安全に対する数値目標達成状況≫
全社
目標
追突・人身事故ゼロ
結果
目標未達成
南箕輪営業所
目標
無事故
結果
目標未達成
自損事故1件 逆突事故1件 荷物落下事故1件
伊那営業所
目標
追突・人身・荷物事故ゼロ
結果
目標未達成
人身事故1件
飯田営業所
目標
無事故 労災事故ゼロ件
結果
目標未達成
物損事故3件
松本営業所
目標
ミスをゼロにする
結果
目標未達成
物損事故6件 荷物事故2件
長野営業所
目標
車両事故ゼロ、荷物事故ゼロ、労災事故ゼロを目指す
結果
目標未達成
物損事故3件
松本第2営業所
目標
事故ゼロ、違反ゼロ
結果
目標未達成
物損事故1件 荷物事故1件 違反1件
≪事業所の重大事故に関する情報≫(自動車事故報告規則第2条に規定する事故件数)
全社
件数
1件
南箕輪営業所
件数
0件
伊那営業所
件数
1件
状態
死傷事故:14日以上入院
飯田営業所
件数
0件
松本営業所
件数
0件
長野営業所
件数
0件
松本第2営業所
件数
0件

今期運輸安全マネジメントはこちら


keyboard_arrow_left前のページへ